その他‎ > ‎新着情報‎ > ‎

Private Lessonsのコンセプト

2015/03/28 17:37 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/03/28 17:51 に更新しました ]
Private Lessonsのようなマッチングサイトは、既に世の中には幾つか存在します。
それらのサービスとの違いを説明する上で、改めてPrivate Lessonsのコンセプトを記述します。

当社は最初から「マッチングサイトを作ろう」と思っていたわけではありません。
ネットオークションの出現で中古品の売買の市場が拡大したのと同様、「個人の知見の活用を実現する場を作る」というのが、そもそもの目的です。
そして、単に知識の売り/買いではなく、「利用者自身がコミュニティの輪を広げられるような仕組み」でありたいと考えています。

Private Lessonsは、オーナーが受講者からお金を取らない限り 利用料を取りません。
その中でのやり取りはネットに公開され、有益な記事は世の中の役に立つものとなります。
これは「はてな」や「教えて!goo」に通じるところがありますが、当サービスはもう少し「発言者の存在」を重視したものとなります。

またPrivateと言ってますが、これはマンツーマンを指すものではなく、グループ・コミュニケーションの仕組みも(将来)サポートしたいと思っています。
例えば、
・1人の講師が同時に複数の生徒を持つグループレッスンの仕組み
・複数人が協力して1人の案件の面倒をみる組織的サポートの仕組み
などにも対応して行きたいと考えています。
これらもより、このサービスの用途は「趣味の範囲」に留まらず、「ビジネス機会の創出」に繋がるものとなると考えています。