その他‎ > ‎業界ニュース‎ > ‎

OSSコミュニティマネジメント(前編)

2015/04/13 17:02 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/13 17:04 に更新しました ]
コミュニティリーダーシップサミットから学ぶOSSコミュニティマネジメント(前編)
Japanese raspberry pi users group のおおた まさふみです。今回から前編後編で、コミュニティリーダーシップサミット(Community Leadership Summit ,CLS) から学んだことをきっかけにした、OSSコミュニティマネジメントやコミュニティのリーダーについて、ブログで書かせていただきます。
 
みなさん、OSSコミュニティというと、どのようなコミュニティを思い出すでしょうか?

例えば、Linux開発コミュティやRubyコミュニティなどたくさんのコミュニティがあります。わたしも、Japanese raspberry pi users group をはじめとして、多くのコミュニティに参加してきました。うまくいっているコミュニティもあれば、うまくいなくて、すでになくなってしまったコミュニティもあります。そんな経験から、OSS コミュニティについて、日頃から考えていることがありました。
 
そうしたところ、参加していたコミュニティのメンバーから、たまたま、世界中のコミュニティのリーダーが集まるコミュニティリーダーシップサミット(Community Leadership Summit,CLS) というイベントが毎年開催されていることを知りました。そして、幸運なことに、2012年、このイベントに参加することができ、大きな気づきを得ることができましたのです。(2014年の参加者リストを見ると、グーグル、Twitter、レッドハットなどの著名な企業のコミュニティ担当や、大小さまざまなコミュニティから参加しています。必ずしも、OSSコミュニティだけでなく、オンラインゲームコミュニティや企業のコミュニティなど、さまざまコミュニティからも参加者が多いのも特徴です)

本文へ・・・ (マイナビ ニュースより転載)