その他‎ > ‎

業界ニュース


新しい「わたし」になれるおすすめの習い事10選

2015/05/20 8:07 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/05/20 8:07 に更新しました ]

新しい「わたし」になれるおすすめの習い事10選

心機一転でなにか新しいことにチャレンジしたいなら、習い事を始めてみるのがおすすめです。趣味が増えて生活が豊かになるうえ、出会いが増えるかもしれませんよ。今回は新しく始めるのにおすすめの習い事を10個ピックアップしてみました。習い事で新しい「わたし」に出会ってみませんか?

■ 1.ヨガ・ピラティス
姿勢やボディラインを修正してくれることで美容や健康にもいいとされているヨガやピラティス。芸能人や海外セレブも体型維持、健康維持のため実践していることから女性からの人気が高く、始めてみたいと思っている方も多いようです。

■ 2.ジム・フィットネス
忙しい方、特に社会人の方などは体を動かす機会がなく運動不足に陥りがちです。みるみるうちに太ってしまったという方も多いのでは?そんな運動不足を解消するためには、ジムやフィットネスがおすすめ。

本文へ・・・ (マイナビニュースより転載)

ネットを活用した「大人の習い事」が活況

2015/05/03 17:53 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/05/03 17:56 に更新しました ]

ネットを活用した「大人の習い事」が活況
コミュニティや女性向け体験講座、ワイン講座など
興味のあることにトライする「大人の習い事」。インターネットを基盤に、さまざまな講座が行われている。

教えたい人と学びたい人が出会うコミュニティとなっているのが、ウェブサイト「ストリートアカデミー(運営はストリートアカデミー/東京都文京区)」だ。講師は独自のスキルを有し、機会があればぜひ人にも伝えたいと考える個人が基本。もちろん皆、ストリートアカデミーの設けた事前審査にパスした人のみであり、単なる伝言板ではない。また、講座開催場所も全国各地だ。受講者は無料の会員登録後に、この中から気になる講座を選ぶ。講座は複数回のものもあるが、1回だけの参加も可能だ。内容は多彩のひと言で「起業についてを学ぶ講座(参加費7,560円)」から「女性のためのバック転講座(参加費2,700円)」まで、ビジネスや美容に芸術ほか、趣味の世界とジャンルは100種類以上、講座は2,300以上ある。
本文へ・・・ (MONEYzineより転載)

ネット予約受付ページが作れる「Coubic」

2015/04/22 20:44 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/22 20:45 に更新しました ]

専門知識不要でネット予約ページ作成、1万事業者が導入するクービックが3.1億円調達
専門知識がなくてもネット予約受付ページが作れる「Coubic」は、2014年4月のリリースから1年間で導入事業者が1万件を突破した。ユーザー調査によれば、導入前に使っていた予約システムは「ない」という回答が77%。Coubicを運営するクービックの倉岡寛社長は、ネット予約を裾野が広がっている証拠と話す。その同社が22日、米DCMとグリーベンチャーズ、個人投資家から総額3億1000万円の第三者割当増資を実施した。
本文へ・・・ (TechCrunch Japanより転載

県への移住、東京に拠点…暮らしや働き方紹介

2015/04/16 20:33 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/16 20:38 に更新しました ]

県への移住、東京に拠点…暮らしや働き方紹介
群馬県への移住者を増やそうと、県が東京都千代田区に設置した「ぐんま暮らし支援センター」のオープニングセレモニーが16日、行われた。
「ふるさと回帰支援センター」内に1日設置された暮らし支援センターは、人口減少社会に向けた対応の一環。セレモニーでは県の笠原寛企画部長らが展示ブースで除幕を行った。
センターでは移住希望者の相談に専門職員が応じ、住居や雇用など県内市町村の情報も提供する。これまでは退職者などをターゲットに移住促進を進めていたが、「ちょうどいい暮らし ちょっといい暮らし」をキャッチフレーズに若い世代にも広げる。相談員として、高崎市出身で旅行会社に勤務経験がある藤田正治さん(64)が常駐する。
藤田さんは「移住は人生を大きく左右するので丁寧にスピーディーに群馬での暮らし方や働き方の情報を提供していきたい」と話した。既に、昭和村での就農希望者や、将来の移住を考えている人などの相談が3件あったという。県は年間130件にとどまる移住相談件数を5倍に増やしたい考え。
本文へ・・・ (ITmedia エンタープライズより転載)

働き方とお金の関係を考える

2015/04/15 20:34 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/15 20:36 に更新しました ]

将来が不安でたまらないときは~働き方とお金の関係を考える
お金に不安のない人生を歩むために、大切にしてもらいたいこと

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。本コラムは、ワークルールとお金をテーマとしていますが、今回は働き女子の悩みの大きなキーワードとなる「働き方とお金の関係」について、2回にわたり考えてみたいと思います

あなたの悩みの根源は・・・?
働く女子の方々から、仕事に関連した様々なご相談をいただきます。
たとえば、
「このまま今の仕事がずっと続けられるかわからない」
「もしかしたら、このまま独身かも。ずっと働くつもりはなかったのに…」
「貯金も何のあてもなく、仕事を辞められない」
「35歳を過ぎたらよい派遣先を紹介してもらえなくなった」
「結婚したけれど共働きしないと、生活が厳しそう…」等々。

そうした声を集約すると、働き方とお金との関係に尽きるのではないか、と思います。
自分で働いて得た給与の中で、私たちは生活をやりくりしています。ですから、働き方とお金は密接な関係にあると言えます。
本文へ・・・ (nikkei WOMAN Onlineより転載)

OSSコミュニティマネジメント(前編)

2015/04/13 17:02 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/13 17:04 に更新しました ]

コミュニティリーダーシップサミットから学ぶOSSコミュニティマネジメント(前編)
Japanese raspberry pi users group のおおた まさふみです。今回から前編後編で、コミュニティリーダーシップサミット(Community Leadership Summit ,CLS) から学んだことをきっかけにした、OSSコミュニティマネジメントやコミュニティのリーダーについて、ブログで書かせていただきます。
 
みなさん、OSSコミュニティというと、どのようなコミュニティを思い出すでしょうか?

例えば、Linux開発コミュティやRubyコミュニティなどたくさんのコミュニティがあります。わたしも、Japanese raspberry pi users group をはじめとして、多くのコミュニティに参加してきました。うまくいっているコミュニティもあれば、うまくいなくて、すでになくなってしまったコミュニティもあります。そんな経験から、OSS コミュニティについて、日頃から考えていることがありました。
 
そうしたところ、参加していたコミュニティのメンバーから、たまたま、世界中のコミュニティのリーダーが集まるコミュニティリーダーシップサミット(Community Leadership Summit,CLS) というイベントが毎年開催されていることを知りました。そして、幸運なことに、2012年、このイベントに参加することができ、大きな気づきを得ることができましたのです。(2014年の参加者リストを見ると、グーグル、Twitter、レッドハットなどの著名な企業のコミュニティ担当や、大小さまざまなコミュニティから参加しています。必ずしも、OSSコミュニティだけでなく、オンラインゲームコミュニティや企業のコミュニティなど、さまざまコミュニティからも参加者が多いのも特徴です)

本文へ・・・ (マイナビ ニュースより転載)

子どもの学外教育費 1人平均9,757円

2015/04/12 20:44 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/12 20:47 に更新しました ]

子どもの学外教育費 1人平均9,757円 よかった習い事ベスト3「水泳」「英会話」「習字」
将来を考えると、子どもには習い事をさせたいもの。そんな親心からか、子どもが成長しても習い事をさせる親は多いようだ。
ソニー生命保険株式会社は3月13日、「子どもの教育資金と学資保険に関する調査 2015」を発表した。調査対象は大学生以下の子どもがいる20〜69歳の男女1,000名で、調査期間は2月15日と16日の2日間。
発表によると、学校以外に必要な教育費(学外学習費用)について聞いたところ、1カ月あたりに支出する金額の平均は9,757円だった。内訳を見ると、「スポーツや芸術などの習い事」が3,335円、「家庭学習費用」が2,424円、「教室学習費用」が3,998円だった。
本文へ・・・ (BIGLOBEニュースより転載)

日本とイギリスの働き方、休み方〜

2015/04/11 21:19 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/11 21:24 に更新しました ]

このままでいいの?日本人 〜日本とイギリスの働き方、休み方〜
2015年になって一週間ほどたちました。割と暖かく、過ごしやすい日が続いているロンドンです。
新年早々、今月もさっそくイギリス外への旅を計画しています。ひとつは、去年の秋には航空券を予約していたギリシャ。近頃は3ヶ月ほど前には、航空券を取ることも。というのも、日本と比べてヨーロッパの航空券は価格変動が激しいから。

時期や目的地にもよるけど、1ヶ月前ぐらいだと、あまりお得感のない航空券しか残ってないこともあります。ヨーロッパのLCCを見ていると、早い時期には安く売り出して席を埋め、直前の予約にはその何倍もチャージして利益を出す、というのが当たり前。なので、イギリス人には驚くほどホリデーの予約が早い人も多いです。
本文へ・・・ (TABIZINE~人生に旅心を~ より転載)

住まいのコミュニティサイト・米国Houzzが日本上陸

2015/04/10 20:25 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/10 20:28 に更新しました ]

住まいのコミュニティサイト・米国Houzzが日本上陸、iemoとは何が違う?
リフォームをしたい人と住まいの専門家をつなげる米国のコミュニティサイト「Houzz」が日本に上陸。4月9日にサイトをオープンした。同サイトは専門家が投稿したインテリアやエクステリア、住空間の写真を閲覧して、自分の気に入ったものを保存したり、それらを元に専門家に発注できるのが特徴。写真は600万点以上にのぼり、世界最大のデータベースであるとHouzzは謳っている。

もともとは創業者のアディ・タタルコ氏が個人プロジェクトとして立ち上げたサイトから始まった。同氏は2006年にパロアルトに中古住宅を購入し、後にリフォームしようと計画していたが、予想以上に住宅の設計やデザインに関する情報が世の中には少なかったという。

「建築業者の評判を知るには友人からの口コミを頼るしかなかった。適切な情報を得るのに苦労し、かなりの予算と時間をかけたが、最終的に満足できる結果は得られなかった」と振り返る。そこで自らコミュニティサイトを立ち上げ、広く建築関係の専門家に関する情報を募ったのだという。
本文へ・・・ (TechCrunch Japanより転載)

在宅勤務を推進し、働き方の見直しを

2015/04/08 20:13 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/08 20:18 に更新しました ]

日産自動車 ダイバーシティディベロップメントオフィス 室長 小林千恵氏インタビュー
製造業(自動車・輸送用機器)の女性管理職比率の平均は1.9%(日経WOMAN「女性が活躍する会社Best100」2014報告書より)。その中で、日産自動車の7%は光る。経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」には初年度(2012年度)に選出、「なでしこ銘柄」には2012年度から3年連続で選出されるなど外部の評価は高い。専任組織ができて丸10年、ダイバーシティディベロップメントオフィスの小林千恵室長にその歩みを振り返ってもらいつつ、次なるテーマを伺った。
(日経ビジネスオンラインより)

1-10 of 18